ネスカフェの『バリスタ』と『ドルチェ グスト』の違いとは??


いちとれ

『バリスタ』と『ドルチェ グスト』の
違いって知っていますか?




ネスカフェの『バリスタ』と『ドルチェ グスト』の違いは何ですか?

ネスカフェの『バリスタ』

バリスタはインスタントのコーヒーを機械で
重圧をかけて淹れることで、手頃な価格で
ワンランク上のコーヒーを楽しむといったものです。
原料のインスタントコーヒーも安価ですが、
消費が結構早いみたいです。
ただコーヒーにお湯を入れるだけと比べると
味は美味しいですが、本格的な味ではないです。
バリスタは5種類のコーヒーが淹れられるとのことですが、
結局はブラック(エスプレッソ)・カフェラテ・カプチーノの3択です。
カプチーノも作れるそうですが、実際に作ったことは
ないので泡立ちがどんなものかはわからないです。。。



ネスカフェ バリスタ

ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ PM9631

ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ PM9631
2色 ホワイト-W レッド-R【あす楽対応】【送料無料】

「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」は、5種類のコーヒーメニュー[エスプレッソタイプコーヒー、ブラックコーヒー、ブラックコーヒー(マグサイズ)、カプチーノ、カフェラテ]を簡単なボタン操作で楽しむことができるコーヒーマシンです。

本格カフェのフワフワのクレマ(泡)と香りが、ご家庭にあるいつもの「ネスカフェ ゴールドブレンド」などの専用詰め替え商品「ネスカフェ エコ&システムパック」を使って楽しめます。飲みたい時にサッと作れる、大人気のコーヒーマシン「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」があれば、あなたのおウチが素敵な「ウチナカ カフェ」に早変わり。

本体サイズ:幅(A)17.6 cm 高さ(B)35.9 cm 奥行き(C)28.5 cm
重量:3.6 kg

ネスカフェの『ドルチェ グスト』

一方、ドルチェグストは専用のカプセルから
抽出することで、本格的な味わいのコーヒーを
作ることができます。
本格的とは言っても、操作自体は簡単です。
エスプレッソやカプチーノ、ココアなど、
味のバラエティは豊富です。
その分、バリスタと比べて本体もカプセルも
値段が高いです。。。
カプセルはひと箱16杯、8杯分で850~900円ほどします。
1杯100円と考えれば安いですが、
毎日飲むとなると、出費が結構高くなります。。。



マシン無料レンタル/ネスカフェ ドルチェ グスト

専用カプセル式コーヒーメーカー「ドルチェグスト」

専用カプセル式コーヒーメーカー「ドルチェグスト・ジェニオ2・プレミアム」 MD9771‐WR (ワインレッド)(送料無料)

●コンパクトさはそのままでタンク容量がアップ
給水タンクの容量が従来より大サイズの1リットルになり、連続で約 8杯分作ることができるようになりました。
また、7段階の目盛りにオプションの「XL」(300ml)も追加し、たっぷりサイズにも対応します。
●簡単レバー操作で抽出量の選択が出来る
目盛り合わせも抽出も、レバー1つで迷わず簡単に操作ができるようになりました。
もちろん、従来からのオートストップ機能は変わらず、どのメニューも絶妙なタイミングで抽出をストップすることができるので、
レギュラーコーヒーからカプチーノ、ココア、宇治抹茶ラテまで、まるでカフェのプロが淹れるようなおいしさがいつでも誰でも簡単に実現できます。
●スタイルに合わせて選べる3色のプレミアムカラー
本体ボディーだけでなくロックハンドル部に至る細部まで「ネスカフェ ドルチェ グスト」の特性である曲線美を反映した「ジェニオ2 プレミアム」は、
そのプレミアム感あふれるデザインに相応しい 「ワインレッド」、「ピアノブラック」、「シルバー」の3種類のカラーで展開します。
●瞬間ヒーティング(常温水が数秒で最適温度に加熱)

【スペック】
●型式:MD9771(WR)(MD9771‐WR (ワインレッド))
●JANコード:4902201415828
●本体サイズ:H296×W165×D257mm
●本体重量:2.7kg
●消費電力:1460W
●抽出タイプ:専用カプセル
●オートストップ機能付き
●高圧ポンプ(15気圧)
●専用カプセル使用
●3段階高さ調節トレイ
●お手入れ簡単タンク
●電源オートオフ機能(5分)

スポンサードリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です