森信三一日一語 9月17日


森信三一日一語 9月17日

仕事への熱心さ×心のキレイさ=人間の

価値。隠岐の学聖永海佐一郎博士が「人間

の真のネウチ」として立てられた公式です。

この明確な表現には心から敬意と讃嘆を

禁じ得ません。唯われわれ凡人としては、

「心のキレイさ」には到り得なくとも、

せめて「心の暖かさ」が望ましいと

思いますね。

<小註> 隠岐の生んだ無機化学の権威者
永海佐一郎博士と、森先生がご親交厚く、
実践人夏季研修を隠岐でも開催されました。

森信三訓言集

森信三訓言集 [ 森信三 ]

『修身教授録』の著者による幻の語録いまここに甦る。

森はその生涯から「人生二度なし」の真理を根本信条とし、
「全一学」という学問を提唱した。「全一学」とは、

・東西の世界観の切点を希求するもの
・宇宙間に遍満する絶対的全一生命の自証の学
・世界観と人生観との統一の学

など12項目以上の定義にもとづくもので、
要約すると「宇宙の哲理と人間の生き方を探求する学問」となる。

森はこれらの思想をもとに全国各地で
講演を行なうとともに自ら実践を重ね、
日本民族再生に大きく働きかけた。

森の理論は実践から生まれた具体的なものが主で、
「立腰」論はその最たる例の一つである。

「立腰」論とは「腰を立てる」の意で、
森はこれを「人間に性根を入れる極秘伝」としている。

人生二度なし [ 森信三 ]

人生二度なし [ 森信三 ]

人は何のために生きるかー

95歳で逝った不世出の哲人が、

人生を真剣に模索する人のために説く人生講話。

森信三一日一語

森信三一日一語 [ 森信三 ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です